by CData Arc マーケティング | April 18, 2017

CData Arc(旧RSSBus Connect)2017 のご紹介

本記事の内容は機械翻訳による翻訳です。記事の内容についてご質問がある場合は、CData Arc 製品スペシャリストにご連絡ください

ArcESB2017 の最新リリースを発表できることをうれしく思います。安全なデータ統合のための次世代プラットフォーム

CData Arc を使用すると、ユーザーはセキュアなドキュメントおよびメッセージングフローを簡単に作成して、あらゆる種類のA2A およびB2B プロセスを自動化できます。新しい2017 リリースには、CData Arc の統合の可能性を大幅に拡大する強力な統合およびワークフロー機能が含まれており、強化されたAPI 中心の設計により、他のビジネスアプリケーションからのシームレスな接続が可能になります。

CData Arc 2017 の新機能:このリリースには、CData Arc を多数の新機能で強化する強力な新しいアップデートが含まれています。主な更新は次のとおりです。

  • スループットの最適化 - 最新の2017 エンジンは、アップグレードされて並列処理のサポートが改善され、大量処理のメッセージングスループットが最適化されました。
  • 拡張されたマッピングと変換 - コネクタのマッピングとメッセージの変換機能が更新され、設定されたコネクタ間のデータフローが容易になりました。組織は、簡単なデータ接続を通じてビジネスプロセスを合理化できるようになりました。
  • 埋め込みデジタル証明書管理 - EDI の初期セットアップおよび構成中の最も一般的な問題の1 つは、デジタル証明書管理に集中しています。新しい組み込み証明書管理コンソールは、パートナー間で証明書を作成、管理、および保守するための単一の使いやすい機能です。
  • 新しい統合コネクタ(25+ ) - このリリースには、広範なアプリケーション、データベース、およびSaaS サービスと通信するための一連の新しい接続コネクタが含まれています。これらの新しいコネクタにより、CData Arc メッセージングを企業全体でより緊密に統合できます。新しいコネクタは次のとおりです。NetSuite、Intacct、Exact、Marketo、Sage、ServiceNow、Dynamics、Xero、Reckon、HBase、Cassandra、Couchbase、DynamoDB、Elasticsearch、Google BigQuery、MongoDB、SparkSQL、SugarCRM、MailChimp など。

上記の機能により、CData Arc は新しい簡略化されたライセンスで利用できるようになりました。新しいライセンスオプションにはそれぞれ、これまで以上に多くの統合機能と接続機能が搭載されています。新しいライセンスオプションの詳細については、オンライン注文ページのオプションを確認してください。

最新のアップデートについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。sales@arcesb.co.jpまでメールをお送りください。チームのメンバーから折り返しご連絡いたします。


CData Arc 2017 ダウンロード オンラインで注文