by CData Arc マーケティング | January 28, 2019

API vs. EDI:両方使うのも選択肢

本記事の内容は機械翻訳による翻訳です。記事の内容についてご質問がある場合は、CData Arc 製品スペシャリストにご連絡ください

70年代初頭から、電子データ交換(EDI)は、サプライチェーンワークフローの情報を交換するためのゴールドスタンダードです。EDI は、紙や手動のプロセスを必要とせずに、システムからシステムに電子形式でデータを転送するための一連のメッセージング標準を確立します。

ただし、EDI には、X12 構造やAS2 の暗号化アルゴリズムの改善、AS4 などの新しいプロトコルなど、いくつかの進歩が見られるものの、主要な変更はほとんどありません。今日、組織は、プロセス、アプリケーション、さらにはビジネス間の通信を自動化するために、アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)などの新しいテクノロジーをますます使用しています。

本記事では、機能とサービスを公開することによって新しいタイプの相互作用とトランザクションを可能にするAPI に焦点を当てます。アプリケーションは、データ交換を可能にするために別のアプリケーションのサービスを利用できます。API を使用して内部で他のアプリケーションと通信するNetSuite などのアプリケーションを実装する企業が増えるにつれ、そうした企業は外部パートナーとの通信にもAPI を検討しています。

しかし、API は本当にEDI を置き換えることができるのでしょうか。 組織がEDI を選択するかどうか、API、または両方の組み合わせを使用するのかは、ユースケースによって異なります。

EDI の利点

EDI への一般的なアプローチの1 つは、ハブアンドスポークモデルを使用します。このモデルでは、Walmart などの大規模な取引パートナーがハブであり、サプライヤーなどの小規模なパートナーがスポークです。

ハブは通常、小規模なパートナーが通信に使用する必要のある仕様と形式を決定します。したがって、大規模な取引先と協力している中小企業の場合、多くの場合、使用するEDI 標準を設定し、テクノロジーの選択をある程度制約します。しかし、大規模なパートナーによって設定された要件を満たすのに役立つだけでなく、EDI はAPI と比較した場合いくつかの重要な利点を提供します。

標準化

EDI は、サードパーティのガバナンス組織によって設定されたドキュメント仕様(ANSI ASC を含む)の標準プロトコル(X12、EDIFACT、EANCOM など)を提供します。 X12、EAN General Assembly、国連、Organization for Data Exchange by Tele Transmission in Europe など)。

これらの標準は、請求書、発注書、出荷通知など、交換されるビジネスドキュメントの特定の形式についてすべての関係者が合意する、適切にコード化されたビジネスプロセスの厳密なフレームワークを提供します。

たとえば、各パートナーは、請求書/ 配送先住所やPO 番号など、請求書に含めるフィールドを指定できます。これらのフィールドは、ドキュメントの同じ場所に常に同じ形式で表示されます。これとは対照的に、API には明確に定義された構造がありません—組織はJSON などの一般的なメッセージング形式を使用して任意の構造を作成できます。API アプローチを使用した企業間の通信がどのようになるかについての仕様がほとんどないという事実は、メッセージング構造とデータフローを理解するために取引パートナとのコミュニケーションを増やす必要があることを意味します。

相互運用性

EDI を使用すると、ベンダーは業界全体でかなりの相互運用性テストを実行して、ソフトウェアがベンダー間で互換性があることを確認し、通信の問題を排除します。たとえば、ベンダーはAS2 およびAS4 のセキュアなメッセージング製品について毎年4 回Drummond テストを受けています。対照的に、API には認証がありません。ベンダーソリューションが相互に互換性があることを保証するプロセスは存在しません。

セキュリティ

EDI には、よく考えられ、標準化されたセキュリティメカニズムが多数組み込まれているため、データを転送する最も安全な方法の1 つになっています。暗号化と署名により、事前定義された許可されたユーザーのみがデータにアクセスできるようになります。

否認防止機能(トランザクション全体のさまざまなレイヤーでの受信と確認応答)を使用して、使用を正確に追跡できます。API には、従来のEDI プロトコルの一部と同じレベルのセキュリティがそのままでは含まれていません。ポイントツーポイントメッセージングはSSL/HTTPS で保護できますが、否認防止をサポートするワークフローを作成する必要があります。結論として、EDI は信頼性が高いため、トランザクション量が多い大規模な組織にとって最も理にかなっています。そして、何かがうまくいかない場合、それはトレーサビリティのための監査証跡を提供します。

API を検討すべき場合

上記の理由により、API がEDI を完全に置き換えることはありませんが、明確なユースケースがあります。多くの中小企業は、自動化されたB2B 通信への足がかりとしてAPI を使用できることに気づいています。あるいは、API は、パートナーがオンラインで出荷フォームに* 手動で* 記入するポータルを提供するWeb EDI などの既存の通信システムを置き換えて自動化することもできます。これらのユースケースでは、API はEDI に比べていくつかの利点があります。

高速開発

EDI は複雑で不透明なドキュメント形式に依存しているため、主にEDI スペシャリストによって使用されます。以前は、API 開発もコードが重く、壊れやすく、時間がかかり、エラーが発生しやすいものでした。しかし今日、多くの開発者は、JavaScript Object Notation(JSON)、Open Data Protocol(OData)、Swagger OpenAPI 仕様など、API の作成をより迅速かつ簡単にするテクノロジーを使用しています。

  • JSON は、データを保存および交換するために広く使用され、理解しやすい構文です。
  • OData は、データのサイロ化を防ぎ、API の標準化と、API 開発の簡素化に役立つデータ共有用のオープンプロトコルです。
  • Swagger は、API の機械可読な定義を作成するために構築されたオープンソースフレームワークです。CData Arc などのソリューションも、API の作成を容易にするデータベースポートを提供します。

スケーラブルでアジャイル

API を使用すると、大規模なビジネスプロセスの負荷を簡単にスケーリングおよび分散できます。また、ビジネスプロセスをすばやく簡単に調整できるため、組織は新しいイニシアチブにはるかに迅速に対応できます。

コネクティビティ

API は、アプリケーション、データベース、その他のシステムに簡単に接続できます。また、一般的にはるかに軽量であるため、モバイルデバイスなどから簡単に接続できます。従来、EDI システムははるかに重く、実行および管理するためにより多くのリソースを必要とします。

低価格

API の作成と使用を容易にするテクノロジーは豊富にあります。これらの技術的進歩の恩恵を受けることに加えて、API プロセスを構築および管理できる人材を見つけるのも簡単ですが、EDI ははるかに具体的なスキルであり、管理するスタッフを見つけるのがより困難です。

どちらかを選ぶ必要はありません。両方使いましょう

場合によっては、EDI とAPI を併用して、ネイティブでサポートされていない機能を追加することができます。EDI を使用しているパートナーや、正式なEDI プロセスが実装されていないその他の小規模なパートナーがいる場合があります。この場合、API を使用して小規模なパートナーと統合し、残りのパートナーにEDI を使用できます。API ベースのトランザクションを使用して、EDI 標準に含まれていない補完的なサービスを実装することもできます。たとえば、トランスポートトラッキング、ボリューム統計、SLA、エラー率を可視化するサービスなどです。API を使用して、トランスポートのキャンセルや例外通知などの例外をインタラクティブに処理することもできます。

CData Arc はEDI とAPI のデータ交換を簡素化します

CData Arc は、ボタンクリックだけでビジネス処理用のAPI を簡単に作成および使用できるようにするAPI コネクタを提供します。CData Arc にはEDI 接続も含まれているため、同じプラットフォームでEDI 接続とAPI 接続にアクセスできます。最適な方法を使用するか、一部のパートナーとAPI アプローチを採用し、他のパートナーとEDI アプローチを採用しましょう。お問い合わせから、API またはEDI 接続を作成する方法の詳細をご覧ください。